アメリカ生活情報

記事中に掲載の写真に関してはメールにてお問合せ下さい。
mon@webmontimes.com

櫻音太鼓生徒新しい旅立ちリサイタル&パーティ

 カテゴリー:フォトニュース

10月29日午後7時30分から、リッチモンドの、ジミ・ナカガワ櫻音太鼓(OH IN TAIKO)の教室でこの日、8週間の和太鼓の教習過程を終えた生徒達の、切磋琢磨の成果を発表するとともに、先輩に胸をかりてのリサイタルが行われた。終了後は生徒達の父兄、知人等と共にパーティがにぎやかに開催され、生徒の達成感に満ちた喜びをにぎやかに分かち合っていた。この日はメンバーも含めて父兄等、約60人が参加、声援を送り全員で新しい門出を祝っていた。

 この櫻音太鼓はまさに、幅広く桜を愛でる、老若男女といった人々が和太鼓に魅かれて参加している感じである。もちろんこの道を極めてみたいという人はそれなりに、ナカガワ先生の厳しい指導を受け励んでいる。生徒も一定のコースを修了した生徒たちは次の課程を目指して、今回もその多くは、この櫻音太鼓にメンバーとして残留する予定だと言っていた。

当夜はこれら生徒達も厳しかった修行の成果を見て聞いて,もらうべく小気味よいバチさばきを披露した。あとは先輩メンバー達と一緒に、和太鼓を心より楽しんでいたが、最後はこれもナカガワ先生作曲による《リッチモンドの風》を綺麗に、楽しく合奏して長い夜が終わった。

 櫻音太鼓の詳細:http://jiminakagawa.com/

Photo : web MON times 2017, Shigeru KIMURA ©

 

 

 

 


それは38年前でした
シスコのジャパンタウン
こんな事もありました
1977年月刊もん から