アメリカ生活情報

記事中に掲載の写真に関してはメールにてお問合せ下さい。
mon@webmontimes.com

Blue Angels Air Show  S.F.フリートウイーク

 カテゴリー:フォトニュース
エアーショーは10月7、8日に開催された、写真は7日開催のエアーショー

第37回 S.F.フリート・ウイーク 快晴に100万人が

10月1日から8日までサンフランシスコ・ベイエリアで、100万の観衆をを集めると言われる、第37回サンフランシスコ・フリート・ウイークが開催された。
特に7日、8日のブルー・エンゼルス・エアーショーは6日の日からのテスト飛行で盛り上がりを見せ、市街上空を轟音で飛行するブルーエンゼルスはフアンにはたまらないものらしい。
フリート・ウイークには軍艦、コーストガードの艦艇、消防艇などが参加、パレードでゴールデン・ゲートブリッジを通過してピアに到着して、期間中艦内ツアー、ブラスバンド演奏、親善ソフトボール大会などいろいろなイベントが、ピア,マリーナグリーンフォトメイソンほかで展開された。
エアーショーは本格的には7(土)8(日)の両日12時から4時まで高速のジェット機が、低速のプロペラ機に合わせたスピードで、飛びユナイテッド・エアーラインの大型機も低速、低空で宣伝したりローカルの個人、チーム編隊や、CANADIAN SHOW BIRDSのチームもいろいろ見せてくれた。その前には突然USAFのF16が現れひときわ大きい轟音、スピード、低空飛行で湧かせていた。これらの後、午後からブルーエンゼルスのショーが始まり、観客はもちろん、なかには元エアーフォースのベテランたちも喜んで歓声をあげていた。血が騒いだのだろうか。

Photo : web MON times 2017    Shigeru KIMURA ©


それは38年前でした
シスコのジャパンタウン
こんな事もありました
1977年月刊もん から