最新ニュース

歌い弾き・朗読・演じて熱演 吉岡しげ美 公演

 カテゴリー:フォトニュース


歌い弾き・朗読・演じて熱演    吉岡しげ美 公演  9/9/2017

9月9日午後4時30分からサンフランシスコ日本町近くの、UNITY San Franciscoで「吉岡しげ美・音楽詩の活動40周年記念コンサート」出演のために訪米した吉岡しげ美さんの特別コンサートが開催された。

当日は夭折(1903年~1930年)の童謡詩人として活躍、26歳で自死した「金子みすゞ」の世界に入り込み、その詩に曲を付けて弾き語りをしてきた作品から8曲を歌った。金子みすずの残した作品はテレビ、本などで現代の日本でも話題になっている。

また、彼女は1986年から2年ほどバークレーに滞在していたが、その時にふれあいを持った日系人が、故無くマンザーナのキャンプに収容されていたときの有志が、書き留めてきた日記「さざれ石」を目にして、心に残ったものを朗読し、作曲し、歌にしてきた。それらを「収容所75年に想いをよせて」のタイトルでそれらの作文教室作品(1981~1985年)からの朗読、童話等を歌い、あと当時の人たちに想いをよせて、ふるさと日本の童話「ふるさと」「赤とんぼ」など皆で合唱、捧げた。

後半はタイトル「愛と輝くいのちを歌う」で与謝野晶子の短歌「やわ肌・・・」「君死にたまうことなかれ」や、万葉集からの「恋い恋ひて」などを語り、歌い、朗読をして2時間を熱く聞かせてくれた。

このような形でのコンサートは、初めての人も多く、観客も熱心に聞き、口ずさみ感動していたようで、中の一人は来年の桜祭りは51周年になるが、ぜひ参加して欲しいと語っていた。なお彼女は1987年第20回サンフランシスコの桜祭りに出演している。

  • 吉岡しげ美:武蔵野音楽大学、日本女子大学児童学科卒、同大学院家政学研究科児童学専攻修士課程修了、城西国際大学メディア学部客員教授。現在放送、映画、演劇の音楽など各界で活躍、CD、著書も多数ある。

 


9月以降実施予定の領事出張サービス

 カテゴリー:総領事館からのお知らせ
●2017年9月以降に予定している領事出張サービスの案内
在サンフランシス日本国総領事館では管轄内の各地において、下記のように領事出張サービスを実施する。
パスポート、各種証明、在外選挙登録申請などの受付・交付等<br>
(現時点の予定であり、今後変更が生じる可能性があるので。事前に必ず総領事館のホームページで確認してください。

ホームページ: http://www.sf.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

実施地域

◇サクラメント市
申請:9月 6日(水)
交付:9月27日(水)

◇サンノゼ市
申請・交付:9月13日(水)、10月18日(水)、11月15日(水)、
12月13日(水)、2018年2月14日(水)、3月14日(水)

◇ラスベガス市
申請:10月 4日(水)、10月 5日(木)
交付:10月25日(水)、10月26日(木)

◇フレズノ市
申請:2018年1月17日(水)、1月18日(木)
交付:2018年2月 7日(水)、2月 8日(木)

◇リノ市
申請:2018年1月30日(火)、1月31日(水)
交付:2018年2月20日(火)、2月21日(水)

※各出張サービスの詳細については、会場等が確定次第、ホームページ及びフェイスブックに掲載される。
※サンノゼ市の出張サービスでは、申請受付と交付の両方が実施される。
※在留届をまだ提出していない場合、住所変更などがある場合は、事前に手続きを終了しておくこと。(インターネット利用の届け出が便利)<br>

●問い合わせ先
在サンフランシスコ日本国総領事館
領 事 班 : (415)780-6000(内線6097~6099)
ホームページ: http://www.sf.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html


金光教サンフランシスコで吉備楽と吉備舞公演

 カテゴリー:フォトニュース



8月26日サンフランシスコ日本町の金光教で、岡山の金光教本部、各地の教会で春秋の大祭などで奉納される吉備楽、吉備舞の公演が開かれた。
以前サンフランシスコには30年くらい前に公演をした事があったが、かなり前の事なので、今回は初めての観客がほとんどと思われるが、会場には多数のアメリカ人も集まり、この優雅な吉備楽の演奏にもとづき舞う華麗な衣装の吉備舞の優雅さに固唾をのんで聞き、見入っていた。一曲ごとに通訳の解説があり18曲が演奏され、吉備舞が披露された。プログラムの中には日本唱歌の「さくらさくら」や「新世界」第2楽章(ラルゴ)などが箏、笙(しょう)、ひちりき、横笛等で演奏され、思いがけない演奏に出席者も喜んでいた。

吉備楽、吉備舞は神道の奉納・祭典楽として岡山地方に始まった楽舞で、岡山藩の雅楽家・岸本芳秀(1821~90)らにより春日神社の倭舞(やまとまい)や東遊び(あずまあそび)など参考にしてつくられた、雅楽風の楽曲。曲目には宗教的なもの娯楽的ものもある。88年には芳秀の息子芳武の高弟,尾原音人が金光教祖の大祭に吉備楽を奉納し金光教の祭典楽となっている。


清乃本流USA支部 扇の会舞踊公演盛況 第1部

 カテゴリー:フォトニュース

第四回公演無事終了後謝辞を述べる
右より清乃本勝穂二代目家元、USA支部長・清乃本勝波
清乃本勝乃


8月13日、サンマテオのBayside Performing Arts Centerで、午後12時30分から、清乃本流USA支部(清乃本勝波支部長)の、第四回扇の会舞踊公演が満席の中開催された。当日は日本から、清乃本勝穂二代目家元を招聘し、清乃本流からも清乃本勝寿さん、今村節さん等もバックステージの手伝いで日本から応援に駆けつけていた。

プログラムは二部からなり、一部は吹き寄せ「桜の賑わい」—清乃本勝乃さんから始まりあと長唄、大和楽など扇の会会員が日頃の研鑽の跡を披露し、またプログラムの中に舞踊歌謡、カラオケなども披露され一部の終わりは、清乃本勝波支部長の「ここ一番男花」で締められていた。


第2部に続く・画像はクリックしてご覧ください
Photo : web MON times  2017 ©
月刊もん Since 1977−電子版—


清乃本流USA支部 扇の会舞踊公演盛況 第2部

 カテゴリー:フォトニュース


この公演は4年ごとに開催される日本舞踊「清乃本流」USA支部は、毎年新しい若い会員も増加して行く中で、日頃の研鑽を日系コミュニティ他の、いろいろなイベントに招かれ、力をつけ、励んできた結果を問う、待ちに待った唯一のまばゆい発表の場所のひとつといえる。それは日本から家元を迎え先輩、師範の指導のもと言葉もままにならない中で、厳しい稽古に耐えてきた成果を見てもらいたいという意気込みがあった。

第二部は長唄「藤娘」清乃本千波、「大川くずし」清乃本舞穂、民謡「とこはい下津井節」清乃本勝鳳等、「南部蝉しぐれ」清乃本禄穂さんで披露されていた。
このあとカラオケ、藤本秀サクラ社中による三味線メドレーと唄、コーラスの友情出演で会場を湧かしていた。
次に常磐津「夕月船頭」清乃本勝波支部長の踊りがあり、長唄「まかしょ」が清乃本勝穂二代目家元が五年ぶりの踊りで満席の会場から大きな拍手があり、プログラムの最後は清乃本USA支部扇の会メンバーで「博多山笠女節」が披露され五年ぶりの二代目家元清乃本勝穂師をはじめ、扇の会メンバー、また当地で活躍する身近な人たちの、友情出演による多彩なステージに満足をしていた。


Web MON times 2017
Shigeru KIMURA ©
月刊もんSince 1977 −電子版—


浜松大凧揚がる BERKELEY KITE FESTIVAL アルバム(2/2)

 カテゴリー:フォトニュース


(フォトニュース 関連 1/2からご覧下さい)

練りで広い会場をひと回りしてきて“お疲れさんでした” 今年も玉野さんのハルピン派舞踏グループ、樽神輿、阿波おどり桜連
のメンバー、個人のボランティア、もちろん核となってこの1年頑張ってきたIATAメンバーもやっと一息入れる。


Photo : web MON times 2017
Shigeru KIMURA ©
月刊もんSince 1977−電子版—


今年も浜松大凧バークレーの空に! BERKELEY KITE FESTIBAL (写真1/2)

 カテゴリー:フォトニュース



今年はいろいろ
スキューバ・ダイビング、ワニ、魔女、チーム・カイトから
何故か鯨までバークレーの空を駆け巡っていた。

毎年7月の最終ウィークエンドに開催されるバークレーのカイト・フェスティバル、今年も7月29日(土)30日(日)両日に開催された。
今年で32回目を迎えたバークレー・カイト・フェスティバルに毎年、浜松の大凧が参加して今年で12年連続参加となった。

この浜松大凧のバークレー・カイト・フェスティバルへの参加は、サンフランシスコの浜松出身の人々が中心に、2006年の第21回に浜松凧あげを紹介するため、浜松から多数その道のプロを招待、制作から凧揚げに至るまでの指導を受けたベイエリア在住の浜松っ子が参加したことから始まった。以降毎年参加、日本は浜松の大凧文化?をアメリカに紹介して相互理解の一端になればとKIATA(InternationalAssociation of Tako Age 代表・角直樹)のグループがいろいろ大変な苦労をしながら維持、継続してきた心意気が伝わってくる。この心意気に同調したベイエリアで活躍する、日本人等の各グループ、ボランティアも応援参加し、凄い種類と数のタコが乱舞する中、一番目立つ大きな場所を占め、パンフレット等にもハイライトとして浜松大凧も取り上げられルヨウになった。囃子、ラッパの練りのパレードも通常イベントとして定着、このフェスティバルに完全に溶け込んでようだ。

今年は浜松からこのイベントに協力をしている、祭りの老舗?「祭すみだや」の三代目・中川晋介若社長も参加、どっぷりと、アメリカの凧揚げに浸っていた。(写真−2/2−に続く)

Photo : web MON times 2017
Shigeru KIMURA ©


JETプログラム参加者歓送会開催ー総領事公邸で

 カテゴリー:フォトニュース


JETプログラム参加者歓送会歓送会開催

7月28日午後5時からサンフランシスコ総領事公邸で、JETプログラムへの新規参加者114名、同窓生、関係者等約150名が、翌29日の日本への出発にさきがけて招かれた。会は総領事の挨拶、同窓生、参加者代表の挨拶のあと、乾杯があり、総領事館からの心づくしの食事を楽しみながら、参加者同士、また同窓生との情報交換などで歓談が続いていた。

 今年LA出身のAugust Walkerさんは、UCデービスで教育関係を勉強、以前に熊本では大学院でインタ−ンをしていたこともある。今回のプログラムでは特に仏教に興味がるため、京都を志望したと言う。京都での任地は木津川市。

 また同窓会による奨学金プログラム受給生のMira Tamagawa Gordonさんは父と出席。今年バークレー校を卒業、秋からニューヨークのBarnard Collegeに進学の予定。以前、和歌山県で6週間ホームステイをし、現地の高校に通った事もある。日系3世。いずれも記事下写真を参照してください。

 今年31年目を迎えた、このJETプログラム(The Japan Exchange and Teaching Programme)は国際交流の業務や全国の小・中・高校で外国語教育に従事してもらうことにより、地域レベルでの草の根の国際化を推進することを目的とするプログラム。1987年にスタートし、4ヵ国848人で始まった草の根の交流が、昨年は40ヵ国4,952人へと拡大。この30年間に65ヵ国から約6万5,000人が参加する世界最大級の人的交流事業に発展してきており、米国からは毎年1000名以上がこのプログラムで訪日している。

画像拡大はクリックしてください
Photo : web MON times 2017 ©


SF仏教会GINZA BAZAARと第86回盆踊り盛り上がる

 カテゴリー:フォトニュース


SF仏教会GINZA BAZAAR第86回盆踊盛り上がる

サンフランシスコ仏教会恒例の、GINZA BAZAARが今年も7月22日、23日両日開催された。第86回を迎えたこの盆踊りは23日1時から3時過ぎまで強い風の中ではあったが、日本町のパイン通り/ブッシュ通り間の、オクタビア通りを通行止めとして、多くの踊り手、観客が集まり開催された。
当日は、本堂ではGINZA BAZAARでフード・バザー、ビンゴゲーム、ツアーなどが開催され、外では午後から通りではBCSF Kids太鼓、JITEN太鼓、民謡の縁囃座の演奏などで盛り上がっていた。今年86回目の盆踊りが始まる前に山中淳総領事、SF仏教会、コミュニティ関係代表からの挨拶があり、盆踊りは花柳道弥、花柳道寿弥社中、仏教会メンバー等、多くの人が参加して楽しんでいた。


国連【平和の鳩】プロジェクト スタート

 カテゴリー:フォトニュース

国連SF支部ディレクター、メンバー、ボランティア
左手前:喜多郎さん


国連【平和の鳩】プロジェクト キックオフ
7月8日午後3時から、ケンジントンのケイコ・ネルソン邸・スタジオで、国連サンフランシスコ支部のKen Coelho支部長候補者、Pablo Castro名誉支部長、ほかボードメンバー、この運動のボランティアの人たちが集まり、国連が提唱する「平和の鳩」プロジェクトのキック・オフが開催された。

これは品川に本部を置く、一般社団法人「みらいの子ども達へ」が、国連サンフランシスコ支部と協力して世界の子どもたちの為に「平和の鳩」のポストカード・セットを発表した企画で、日本では昨年より発売されている。これによりみらいの子ども達への活動基金となる。

「平和の鳩」プロジェクトは、アーティストとして世界で活躍している、当地在住のケイコ・ネルソンさんが会長を務める、国連SF支部アート・コミッティー部門で中心的な活動をしている。

日本では(社)「みらいの子ども達へ」からポストカードが昨年より発売されており、米国ではこの他ジュエリー、アクリルの造形などが逐次発売され、また平和の鳩の彫刻像も制作、世界各地の平和運動の一環として還元できればという思いもある。

国連サンフランシスコ支部では、世界に向けての「平和の鳩」プロジェクトのため、ファンドレイズ、目的の広報用のビデオを制作しているが、これに使用されているミュージックは、当日この会にも参加していた、著名な作曲家、シンセサイザー奏者、喜多郎氏の世界的にも大ヒットした「シルクロードのテーマ」が同氏の協力により最適なバックグランド曲となって使用されている。


それは38年前でした
シスコのジャパンタウン
こんな事もありました
1977年月刊もん から